MENU

ゼニカル通販激安口コミ・安心な個人輸入で買うならこちら

 

ダイエットしたい・・
食事は我慢したくないけど痩せたい・・

 

 

そんな時痩せる薬があるのをご存知ですか?
肥満外来で食欲を抑えるお薬だけでなく脂肪を排出する薬としてゼニカルが処方されています。

 

私もずっとぽっちゃり体型で悩んでいました。

 

時々脂っこい物や甘い物が無性に食べたくなります。食べた後に罪悪感があった後悔したりしていました。
カロリミットを飲んでも体重は変わらないし、ずっとデブが続くと諦めかけていましたが、友達がゼニカルというダイエット薬を教えてくれたのです。

 

半信半疑でしたが、このままでは何も変わらないと思い、試してみる事にしました。

 

脂っこい物を食べた時にゼニカルを飲むようにしたら、最初の1ヵ月で3kg痩せました!

 

特に運動したり食事制限をした訳でもなくです。

 

これは凄い!とちょっとぽっちゃりした友達にもすすめています。

 

ゼニカルは脂っこい食事が好きで簡単に痩せたいという方におすすめです。

 

 

ゼニカル

 

 

 

ゼニカルは摂取した食事の脂肪を30%排出してくれます。
食欲を控える薬とは違い直接的に摂取カロリーを削る事が出来ますので本気で痩せたい人におすすめです。

 

ゼニカルは副作用ほぼ無いのも人気の理由です。

 

 

 

 

 

オルリファスト

 

オルリファストはゼニカルのジェネリックですのでゼニカルと全く同じ効果があります。
価格がゼニカルより安いので人気です。

 

オルリファストも現在ある脂肪を減らす作用はありません。
摂取した脂肪のうち30%を排出する効果があります。
脂肪分の多い食品が好きでどうしても減らせない方にはピッタリです。

 

 

 

ゼニカルの効能効果・成分・痩せる理由とは

 

 

ゼニカルは、主成分のオルリスタットです。オルリスタットはリパーゼ酵素の働きを妨げ脂肪分を排出する働きがありダイエットが可能になります。
その他にセルロースを加工したマイクロクリスタルライン・セルロースや滑石の微粉タルク、ナトリウム化合物がが含まれています。

 

私達の体は大きな分子量の物質は排出するという機能があり、脂肪を分解しない場合は吸収せず便となって排出します。

 

脂肪を多く含む食事習慣がある方はカロリー過多になっていますので、ゼニカルを服用する事で脂質を30%抑制する出来ますのでダイエット効果があるという訳です。

 

ゼニカルは個人輸入で購入するのが簡単で安い

 

 

ゼニカルは個人輸入なら簡単に購入する事が出来ます。

 

値段は約3000円から4500円位でどの個人輸入業者も扱っていますが、まとめ買いをすると更に安いです。

 

買い方としてはご自分で個人輸入する方法もありますが外国語でのやり取りはとても難しいですしトラブル発生の時に対処が困難です。

 

個人輸入代行業者を利用すれば初めて個人輸入で購入する場合でも日本のネットショップで買い物するかのように簡単です。

 

インターネットで簡単に注文が出来ますし、代金の支払いやメール内容ももちろん全て日本語ですので輸入とは実感しにくいほどです。

 

破損等のトラブルがあっても日本語で対応してもらえるというのはとても心強いのではないでしょうか。

 

ゼニカルを個人輸入で購入する場合海外からから直送されますので、申し込み日より7日から10日ほどで到着する予定になっています。

 

ゼニカルの飲み方

 

ゼニカルを飲む方法をご紹介します。

 

 

  • ゼニカルは1日飲むのは3回まで。
  • 脂っこい食事をした時は飲みますが、そうではない食事の時は飲まない。
  • 食後は1時間以内に服用

 

ゼニカルを飲めば簡単に痩せますがダイエットしたいあまりに飲みすぎるのは絶対やめましょう。

 

また脂っこい食事の時に効果を発揮するので、カロリー控えめの食事ではゼニカルを飲んでも大きな効果は期待できません。

 

食事制限が無理せず行えているのならばゼニカルを飲む必要はありませんので、自分で食欲をコントロール出来るならばゼニカルを服用しなくても良いでしょう。

 

ゼニカルの副作用

 

ゼニカルの主な副作用は下痢と便秘です。

 

下痢になるとおならをしただけで脂肪を含む液体が噴いてしまう場合があります。初めて飲む時は外出を控えてナプキンを当てておくと安心かと思います。

 

便秘の場合は3日程腹部のハリを感じ、便が排出されます。
脂溶性ビタミンが一緒に排出されてしまい疲れやすくなるという方もいて、ビタミン剤を一緒に服用しておくと良いでしょう。

 

飲み方は 1日3回120rを服用すると、油を含んだ便が排出されます。

 

脂っこい食事を摂ってない時に服用しても効果は得られません。

 

食事の内容や時間に合わせて服用すると効果的です。

 

ゼニカルを効果的に飲むには

 

ゼニカルは飲み込むタイミングが大切です。食事中もしくは食後1時間以内に飲むのが望ましいです。食事前に飲んでしまうと効き目が薄れてしまうので飲むタイミングには気を付けて下さい。
食品が胃に運ばれた後にリパーゼ酵素は分泌が盛んになるため、そのタイミングでゼニカルを飲むのがいいでしょう。

 

1日3回までが上限です。普通に水と共に飲みます。
たんぱく質は体を構成するのに必要ですし、ダイエットには欠かせません。脂質はゼニカルにて30%抑える事が出来るので脂っこい物をどうしても食べたい時に役立ちます。

 

ゼニカルを飲んでも痩せない事はあるの?

 

ゼニカルを飲んでも痩せないのは、炭水化物の摂りすぎが考えられます。ゼニカルは脂肪吸収抑制剤なので、糖質はそのまま吸収されてしまいます。
そのため、ごはんやパン、麺類を多くとり脂質が多いものを食べていないいない人はゼニカルを飲んでも痩せません。

 

ゼニカルを飲んでいるという安心感から食べる量が増えてしまってはダイエットから遠ざかってしまうでしょう。

 

良質なタンパク質と脂質を摂る事を心掛け糖質の摂取は抑えるようにした方がいいでしょう。野菜を摂取する結果糖質の吸収を抑えることができるので、食事の最初に野菜を食べておくのがオススメです。

 

ゼニカルは下痢になる?

 

ゼニカルは、服用する事で摂取した脂肪を未会得のまま便とともに排泄するので、便に大量の未会得の脂肪が含まれ下痢の時の様な油状の便通となってしまう。

 

ゼニカル服用ときの便は、通常の便について大量の脂肪を含む油状便なのでヌル付きが非常にきつく無意識のうちに肛門から油状便を漏出してしまう事も多い上に、おならと勘違いして肌着を汚して仕舞う事も多いとされています。

 

その為、ゼニカルの服用時折、おならや便意を感じたら速やかに便所に行く必要があり、念の為におとな用のおむつやメンス用のナプキンを装着するなどの対策をしておくほうが安心ですが、服用スパンが長くなるにつれて体が仲よしおとな用のおむつやメンス用のナプキンの必要がなくなります。

 

ゼニカルは耐性があるの?

 

ゼニカルは、長続き服用して行くうちに人体が医薬原材料に慣れて来て徐々に医薬効力が発揮されがたくなる耐性は無いとされ、長期にわたり安定した痩身効力が得られるとされています。

 

ゼニカルは、服用あと1ターム〜2タームで血中半減期を迎え2日間程度で医薬原材料の約97%が便として放出され、3日間〜5日間で医薬原材料が完全に体外に排出されるので無事が非常に高いとして、USAディナー医薬品番組にも認可されています。

 

また、ゼニカルは胃や小腸の会得酵素に作用するので主体神経などに作用する食欲ダウン剤などに比べて耐性がつき難いだけでなく、メンタル拠り所性や薬物拠り所性の恐れがまるでなく、安心して長期服用する事が出来ます。

 

ゼニカルを飲むと栄養失調になる?

 

ゼニカルは、服用する事で脂肪解体酵素リパーゼのつながりを阻害する事で不自然に脂肪の会得欠陥を引き起こし摂取した脂肪を以て排出する効果があるので、ビタミンAやビタミンD、ビタミンE、βカロテンなどの脂溶性ビタミン一団も未会得の脂肪と共に便通してしまう反応があり、特にゼニカルの長期服用は眼の病状や人肌の乾燥などの多様なトラブルを発症させるビタミン欠乏症を発症するリスクがあります。

 

その為、ゼニカルの長期服用時折栄養剤などで脂溶性ビタミンを賄う必要があり、万能ビタミンなどの栄養剤を服用する場合にはゼニカルの医薬チック感化のある服用弱2タームをさけて服用する必要があります。

 

栄養失調にならないみたい手配しながらの服用が必要です。

 

サノレックスといったゼニカルとの食い違い

 

 

サノレックスは似たような威力のあるゼニカルといったよく照合されていますが、こういう二つの威力は自身違う。

 

サノレックスは食欲を下落する効果がある結果、普段からランチ本数が多いパーソンがランチを減らして痩身を行う場合に適しています。

 

一方のゼニカルところが、ランチに含まれる脂肪分の吸収を妨げて放出させながら脂肪の経験を切り詰める効力だけですので、食欲の指揮は自分の凄い心中が必要になります。

 

本当は両方の薬本人の効力については、威力が違うので自分に役に立つのを服用するのがいいでしょう。